本文へスキップ

アートマネジメント講座 受講生・卒業生の活躍

卒業生の活躍の一例受講後のさらなる飛躍

助成金関連
 ・国際交流基金助成金審査 選出
 ・横浜市内ホール共済事業選考 選出
 ・熊本市舞台芸術助成事業 選出
 ・文化振興財団助成金 選出

プロデュース事業
 ・チャリティバレエコンサート Stars&Dreams
 ・県央地域に舞台芸術を育む会「くるみ割り人形」公演
 ・「新」コミュニケーション芸術プロジェクト「哲学&ダンス」
 ・魅せるバレリーナを育む 表現力アップセミナー(第5期基礎コース生によるプロデュース)
 ・くるみ割り人形商品開発プロジェクト(第4期・5期上級コース生によるプロデュース)
 ・相模原市民会館共催事業「表現力講座」(第7期基礎コース生によるプロデュース)

その他、スクール経営、芸術関連企業就職等、活躍多数。


卒業生インタビュー学びを生かし、次のステージへ

苫野 美亜さん(第3期卒業生)



4才よりクラシックバレエを始め、常磐高等学校バレエ科卒業後、山本禮子バレエ団に入団。
02年NBA全国バレエコンクールシニアの部第2位受賞。07年より中村恩恵が主宰する「Dance Sanga」にて活動。中村恩恵作品を踊る他、 振付アシスタントやコーチングも数多く務める。
12年、自身の振付作品「Direction of Light」を発表。好評を得、日本バレエ協会クリスマス公演で再演される。
13年より「ジュニアのためのコンテンポラリーダンスワークショップ」を継続的に開催。14年、テアトルフォンテ・アズビル・アワード受賞。初の主催公演「Dance Performance LIVE 〜Opening to unknown〜」を開催する。


Q:NPO法人総合芸術支援協会のアートマネジメント講座を受講したきっかけについて教えてください。

苫野:
実は、プロデュースやマネジメントにはもともとあまり興味がなかったのですが、何か事業を実行するにはマネジメント力が必要だと感じることがありました。 そのような時にちょうどアートマネジメント講座開講の案内を目にしました。私の出身教室の先生と尾本安代先生が元々友人同士で、安代先生が協会の理事長を務めていらっしゃるということもあり、受講を決心しました。

Q:苫野さんが実際にマネジメント力が必要と感じたのは、どのような場面だったのでしょうか

苫野:私は舞踊家として活動していますが、ダンサーが自分をプロデュースするノウハウがないためにキャリアが制限されてしまう場面を多く目にしました。 ダンサーたちはもっといろんな形で多様なことができるはずなのですが、やり方がわからないがために道が限定されてしまうのはもったいないと感じていました。 このような公演を企画したい、このような作品を上演したい、という発想はあるのに実現できないでいるのは残念に思いました。

Q:そういった現状を改善するために、アートマネジメントを学ぼうと?

苫野:はい。国や自治体が支援してくれたり、活躍の場を提供してくれたり…そういった制度を知る機会にもなりました。学ぶことで可能性が広がりました。

Q:アートマネジメント講座の良かったところはなんですか

苫野:授業は実践的なテーマが多かったのが良かったです。自分の中でぼんやりしていたものが明確になったように思います。 なにより、先生一人一人が私のために親身に相談に乗ってくださり、 個別に時間を割いてアドバイスをたくさんくださったのが本当にありがたかったです。

Q:今後の夢や目標について教えてください

苫野:2014年8月に、全く異なる分野で活躍されている方々と、他の業界を繋ぐ「新」コミュニケーション芸術プロジェクトを立ち上げました。 その第1弾は、哲学×ダンスと題して、哲学・ファッション・映像・音楽を掛け合わせたダンス作品と哲学のトークを上演しました。 今後も、舞踊の枠に捉われない表現方法を追求したいと思っており、異なるジャンルの方々とのコラボレーション企画を今後も継続していきたいと思います。 そして、そのような実験的な試みを行うと同時に、「The 舞踊作品」と言われるような、身体に特化した舞踊作品の制作も意欲的に行っていきたいと思っています。 活動を長く継続するには抑揚がないと続かないと思いますので、今年は海外で学んだり吸収する時間も多く持ちたいと思っています。 以前感銘を受けたアボリジニアートのルーツを探す旅に出ることが今の夢です。 こう見えて、やりたいことが盛り沢山で、、自分の中で思い描いているものを、社会に役立つものとして実現していくことが目標です。

NPO法人 総合芸術支援協会

〒238-0015
神奈川県横須賀市田戸台37-7
NPO法人 総合芸術支援協会

TEL 046-825-6723
FAX 046-825-6723

アートマネジメント講座に関するお問い合わせはこちら